Menu

ドイツでビザなし滞在90日のルールとは?一時帰国しても復活しない?

germany nonvisa 90days ドイツでビザなし滞在90日のルールとは?一時帰国しても復活しない?

ビザがなくても90日以内なら滞在自由!ドイツといえばそんな国。

留学するにしても、ワーホリするにしても、ドイツ中を旅して回るにしても、ただただドイツでニートするにしても、90日以内なら何も気にすることはありません。

誰にも文句は言われない。いや、言わせないです!

90日といえばおよそ3ヶ月・・・

それだけ時間があればドイツでなんだってできそうです。ありがたい。

けれど、これが長期の留学ともなれば話は別で、

 

「たったの90日か・・・」

 

ですよね(笑。

 

そこで気になってくるのが、この90日ルールの仕組みです。

90日を過ぎれば強制帰国なのか?

それとも、一旦ドイツを出ればまた90日滞在できるようになるとか?

ドイツをはじめ、ちょっとでもヨーロッパに長く居たい人こそ気になってくるのが、90日だけビザなしで滞在できることの詳細です。

じゃあ、その90日の仕組みってどうなってるの?

ということで調べてみました。

SPONSORED LINK

ste banner jubi 336 280 ドイツでビザなし滞在90日のルールとは?一時帰国しても復活しない?

ドイツはビザなし90日の滞在が可能!

ビザがなくてもドイツでは90日まで滞在することができます。

これはいわゆる観光ビザと呼ばれるもので、もとはドイツに短期で旅行する人などに向けたのもの。

面倒なビザの手続が不要で、パスポートと航空券さえあればドイツを旅行することができます。

なので、単純にドイツ留学するなら

「90日の間にビザを申請すればいいのね!」

ということになります。

ズバり正解です。

ドイツに入国して90日以内にワーホリビザを申請するなり、学生ビザを申請するなりすれば何も問題ありません。

ただ、この辺りは少しいい加減な部分もあって、

「ヤバイ!90日過ぎてるんだけど・・・」

という状態で外国人局に行っても、ビザを申請できる条件が整っていれば、数日くらいおまけで見逃してくれたりします。

少なくとも、その場で警察を呼ばれて、強制帰国になったという話は聞いたことがありません。(もしかしたらある?)

もちろん、不法滞在になっていることに違いないので、できるだけ90日以内に申請が望ましいで・・・というか90日以内に行ってください。過ぎないようにしてください。

さて、ここで気になってくるのがこの90日の仕組みです。

90日滞在できる仕組みって?

このルールは外務省のサイトに書かれている通りです。

本年10月18日から「あらゆる180日の期間内で最大90日間」に改正されることとなりました。本改正により,過去180日以内の滞在日数はすべて短期滞在の期間として算入されることとなります。
引用:外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

 

「あらゆる180日の期間内で最大90日間」の滞在が可能です!

 

あらゆる180日・・・

 

どういうことや?

 

『あらゆる』って何や?

 

ということですが、これはもうシンプルに考えてください。

ホント、外務省ページに書いてある通り(上にある引用の箇所)です。

過去180日以内の滞在日数はすべてカウントします。

つまり、初めての海外で、なおかつ初めてのドイツなら入国から90日大丈夫ということです。

では、ドイツに来るのが初めてじゃない場合はどうなのか?

ここで注意しておきたいのがシェンゲン協定の存在です。

シェンゲン協定の加盟国に注意!

map europe ドイツでビザなし滞在90日のルールとは?一時帰国しても復活しない?

ドイツはシェンゲン協定というものに加盟しています。

シェンゲン協定は、加盟している国から国への移動は国境での審査なしで移動できるというもの。入国するときに空港でパスポートにスタンプを押してくれるあの手続きがないわけです。

例えばドイツとフランスは共にシェンゲン協定に加盟しているので、ドイツからフランスに旅行してもパスポートにスタンプを押してもらう必要はありません。

これがあるおかげで、ドイツからフランスまでパスポート片手に電車やバスを使って審査なしで簡単に移動することができています。

「面倒な審査がなくなってラッキー!」

と思う私ですが、なかには海外旅行が好きでパスポートをとにかくスタンプで埋めたいという人もいるみたいで、そんな人にとっちゃ残念なのかも。

シェンゲン協定の加盟国は以下の通り。

シェンゲン領域(2013年7月現在)
アイスランド,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,ギリシャ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ベルギー,ポーランド,ポルトガル,マルタ,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,リヒテンシュタイン
引用:外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

気をつけておきたいのがEU加盟国=シェンゲン協定ではないということ。

分かりやすいところで言えば、永世中立国たるスイスはEUに加盟していないですが、シェンゲン協定には加盟しています。

ドイツからスイスに旅行しても、スイスはユーロじゃなくてスイスフランが通貨ですよね。

ドイツ90日滞在のカウントにはこのシェンゲン協定に加盟している国に滞在した日数を加える必要があります。

例えば、初めての海外でフランスを訪れてそのままドイツを旅行する、留学するという場合。

この場合は、フランスとドイツの滞在日数を足して90日以内である必要があります。

ドイツが2回目なら、2回目の入国日からふりかえって180日以内にシェンゲン協定に加盟している国の滞在日数を90日から引いた日数分だけビザなしで滞在できます。

ドイツでビザなし90日滞在の計算式

ドイツでビザなし滞在について、シェンゲン協定のことも考えて90日のルールを計算方法を式にしてみます。

『90日 - 過去180日以内にシェンゲン協定に加盟している国に滞在した日数 = ビザなし滞在可能な日』

という数式ですね。

シンプルに、入国した日から過去180日を振り返って、シェンゲン協定に加盟している国に何日いたのか?

その日数を90日から引いた分だけ滞在できます。

なので、日本に一時帰国すれば90日がリセットされて、また入国から90日滞在できる!

というのは間違いです。

「ヤバい、滞在が90日を過ぎそう・・・

 そうだ!一時帰国して90日を復活させよう!」

というのも、帰国している日数が180日を越えていれば問題ないですが、

1〜2週間程度の帰国で90日が復活するというのは誤りです。

じゃあ、90日はいつになったら復活するの?

という部分が気になってきますよね。

これは言ってしまえば、人それぞれ。

ビザなしでドイツに滞在したい日数から振り返って、180日の間にドイツやその他シェンゲン協定に加盟している国に1日も滞在していないようになれば、90日が復活しています。

例えば、2017年の4月1日からドイツに行きたいとします。

2017年の4月1日の180日前は、2016年の10月3日です。

なので2016年10月3日〜2017年4月1日の間にシェンゲン協定に加盟しているどの国にも行っていなければ、4月1日から90日滞在することができる。

ということになります。

一時帰国している間のカウントはどうなるのか?

なかには90日以内の範囲でドイツに留学するけど、その間に2週間くらい一時帰国したい。

という人もいると思います。

一時帰国している間のカウントはどうなるのか?

一時帰国している間は90日のカウントがストップしています。

また入国した時点から90日のカウントが再開されるので、一時している間の日程を除外して90日滞在できます。

ただ、90日の残り日数が少ないと再びドイツに来たときの入国審査で「残り日数が少ないけど・・・」ということは聞かれるかもしれません。

往復チケットを持っていればとくに問題ないので、あくまで残り日数が少ない状態で片道チケットしかない場合です。

ドイツだって不法滞在するかもしれない人を入れたくないですからね。たとえ信頼の厚い日本人であろうとそこは厳しくチェックされます。

ビザを申請するんだよ、とかチケット買って返るよ、など説明してあげてください。

ワーホリが切れたら90日に切り替わるのか?

ドイツに入国する時はワーホリビザを日本から取得する。

そうするとドイツに1年間滞在することができます。

じゃあ、ワーホリビザが切れるとどうなるのか?

切れた日から90日滞在できるようになるとか?

これについては、ワーホリビザが切れたらそこで終了です。

たまにワーホリビザが無くなった時点で観光ビザ(ビザなし滞在)に切り替わって90日滞在できる、という話を聞きますが、そんな話はないはずです。

ワーホリビザでドイツに留学するなら、ワーホリが切れる前に他のビザに切り替えるかまたは日本に帰国する必要ありです。

なら、一時的に日本に帰国してまたドイツにいけば90日滞在できるのか?

そこには『あらゆる180日以内に90日まで』というルールがあるので、日本に戻ってすぐまたドイツに行くと、

「キミはワーホリで90日も滞在しているじゃん」

と入国審査で言われるはずなので、180日の月日が経つまで日本なり他の国で待つ必要があります。

手続きに書類やお金は必要?

なにもなくてもドイツで90日滞在することができる。

もちろんパスポートは必要で、パスポートもただ持っていればイイというわけではなく2つ条件があります。

  • パスポートの期限が切れていないこと
  • 出国予定の日から3ヶ月以上が残っていること

この2つが条件です。

外務省ページにも次の通りに書かれています。

有効期間がシェンゲン領域国からの出国予定日から3か月以上残っており,かつ,10年以内に発効されたパスポートを所持している必要があります。
引用:外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

パスポート以外には何も必要ありません。

事前の手続きも必要なしで、航空券さえあれば万事OKです。

まとめ

ドイツでビザなし90日滞在についていかがでしたでしょうか?

まとめると、

ドイツに行く日から180日以内の日数を全てカウントして90日以内であればいい。

ということですね。

ドイツに何回も出入りしている人や、シェンゲン協定加盟国を何度も行き来している人は注意が必要です。

また、一時帰国して90日の日数をリセットしようと考えている人も。

あくまで90日です。

ドイツ留学やシェンゲン加盟国に行く方の参考になれば幸いです。

ではでは。

フェイスブックページでは、ドイツドットウェブの最新情報をお届けしています。お気軽にフォローしてみて下さい。

合わせて読みたい記事

Related Article

P7128530.JPG

家賃も安くて家具もあり!ドイツ暮らしにルームシェアがおすすめ!

語学留学する上で重要かつ悩みどころなのが滞在先をどうするかということ。 語学学習に最適なホーム

%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%88%e4%bf%9d%e9%99%batop

日本語OK!ワーホリ・ドイツ留学の保険はケアコンセプトが安い!

留学するにあたって必ず加入しなければならないのが海外保険。 ちょっとした旅行なら、「オレは海外

ドイツ留学人生

会社辞めてドイツ留学した結果、帰国後に年収は上がるのか?

ドイツに留学するとどうなるのか? ドイツ留学を考えている人なら、留学の結果、その後の将来がどう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

簡単に解説!ドイツで電車の切符の買い方と乗り方

駅に改札口が無かったり、駅員がいなかったり、切符の種類が多かったりと日本とは少し異なるドイツの鉄

ホテルモニター募集

費用が半額に!ドイツ有給ホテルインターンのモニター募集開始!

アルバイトもいいけど、できるならドイツの企業でインターンシップをしてみたい。 ドイツ留学と合わ

よく読まれる人気記事

Recommend Article

この記事にコメント・口コミを書く!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

全て日本語!ワーホリ・ドイツ留学にオススメの保険ステップインとは?
ドイツ留学ワーホリまとめ
ドイツ留学ワーホリまとめ
  • ベルリンに在住していました。ドイツ留学のアドバイザーでありライターでありシステムエンジニアでもあります。ハイデルベルクとベルリンにある語学学校の公式エージェントにもなりました。猫とお家大好きイエメンで、現在は東京に滞在中。最近はFF15をプレイ中です。留学相談したいかもという方はお気軽に連絡ください。詳細なプロフィールは自己紹介にて。

ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツ観光 Travel

ドイツのおすすめ観光スポットなどドイツ旅行に役立つ記事はこちら

View More

ドイツ留学

ドイツ留学 Study

ドイツ留学の費用はいくら?家の借り方などドイツ留学に役立つ記事はこちら

View More

ベルリン大聖堂

ベルリン BERLIN

ベルリンのおすすめ観光スポットやおしゃれカフェ美味しいレストランはこちらから

View More

ハイデルベルク

ハイデルベルク HeidelBerg

南ドイツの観光都市ハイデルベルクに関する情報はこちらから

ドイツおもしろ

ドイツをおもしろく紹介

ドイツで混浴したりオクトーバーフェストに参加したり飲み明かしたりドイツ生活など

View More

ドイツ特集

ドイツ特集記事 Feature

ドイツに関するおすすめ記事の特集してまとめました

PAGE TOP