Menu

ドイツ学生ビザからワーキングホリデービザ(ワーホリ)の切替が不可能な理由

visanochange ドイツ学生ビザからワーキングホリデービザ(ワーホリ)の切替が不可能な理由

ワーキングホリデービザ、ことワーホリはドイツ1回だけ取得ができる!

  • 最長1年間のドイツ滞在許可
  • ドイツで働くことができる

という2つの大きな特徴のあるビザがワーキングホリデービザです。

いわば1年間ならドイツでほぼ何でもできるビザですね。

ドイツで学生するもよし、カフェで働くもよし、職人の元で修行するもよし、会社で働くもよし、陶芸家になるもよし、むしろ何もせずにぐうたら過ごすのもアリです。

ヨーロッパのなかでもドイツといえば、ビザの取得が簡単な国で有名。

ワーホリビザをはじめ、どのビザも取得が簡単だったのですが、この事情が2020年からちょっと変わってきています。

今までは、学生ビザからワーキングホリデービザへの切り替えが可能でした。

ところが、現在は基本的にはこれが不可能に。。。

学生ビザからワーキングホリデービザに切り替えができないのです。

なんでよ?

ということで、学生のビザ取得をサポートしているドイツの語学学校と、ドイツの外国人局に確認した情報を元に、このあたりを説明したい思います。

と、その前に「いやいや、オレの友達はできたから」という意見、ありますよね。

実は基本的にこれはNG。

じゃあ、できた人がいるのはなぜ?

その理由もご紹介。

切り替え不可な理由は、学生ビザでワーホリの目的を果たしているから

castle ドイツ学生ビザからワーキングホリデービザ(ワーホリ)の切替が不可能な理由

ワーキングホリデービザをドイツが発行する目的は、ドイツという国・そこに住む人、そしてドイツ文化を知ること。

ざっくり説明すると

「日本に住んでいる若者たちよ、ドイツに来てもっとドイツを知っておくれ。自由に生活できるビザ1年分だすからさ」

といった理由でビザを発行してくれています。

ドイツという国・人・文化を知ることが目的。

そのための1年が本来のワーキングホリデービザの趣旨というワケですね。

ドイツのカフェで1年ほど働いてみて、ドイツのカフェやそこに集まる人の生活をするワケです。はたまた、ドイツ生活を体験しながら語学を勉強するワケです。

そんなワーホリビザをドイツで取得したい!いまの学生ビザから切り替えたい!

それができない理由は、学生ビザでの滞在で「ドイツという国・人・文化を知る」という目的が果たされたと判断されるからです。

例えば、語学学生ビザを1年取得した場合。

すでに1年ドイツで生活を終えてのワーホリビザ申請になります。

ドイツの言い分としては、

「いやいや、あなたには学生ビザを出していますし、1年ドイツに滞在してもう十分にドイツを知ってもらいました。ワーキングホリデービザはあなたには必要ないですよ。ありがとう。これからも大いに盛り上がるドイツをよろしく!」

ということになります。

語学学生として、ドイツを知るという目的は果たされていますよね。

だから、続けての取得は許可されていません。

「ドイツとしては、まだドイツを知らない次の若者にワーキングホリデービザを取得させてあげたい」

というワケです。

日本でワーホリビザを取得できないことがある

ドイツでは学生ビザからワーキングホリデービザに変更できない理由はわかった。

じゃあ、日本に帰国して、日本のドイツ大使館からワーホリビザを申請すれば良いのでは?

もっとドイツに滞在したい!

となると、なんとかして取得したいのがドイツのワーキングホリデービザです。

ドイツがダメなら日本で申請すればいいじゃない。

ということなのですが、日本からの申請も厳しくなってきています。

ワーキングホリデービザは、日本だと東京のドイツ大使館または、大阪のドイツ領事館を通して申請・取得が可能です。

申請にあたり、ドイツでの過去のビザ取得状況などが審査されています。

なので、過去に1年ほど学生ビザを取得している経歴があると、やっぱり「ワーホリビザの目的は果たしているよな」と判断され、ビザを取得することができません。

正直なところ、数年前までは余裕でビザが取得できたんですけどね。

けれど、それも今や過去のお話。

ドイツは余裕でビザが取れる!という噂に便乗して気軽にドイツへと移住する人が増えすぎたのか、いまは厳しくなっています。

もちろん「ドイツではじめてビザを申請する!」といった状況なら、ワーキングホリデービザは取得できますよ。

ただ、語学学生ビザで1年〜2年ほどドイツ生活を経験した人は、もう十分にドイツに滞在したから簡単にはビザを出しませんよ。

という理屈なワケです。

マジで厳しくなりました。

半年から1年はまず学生ビザで語学留学してドイツを知ろう。あらためてワーキングホリデーを取得してドイツで働こう。

そんなプランを叶えるのが難しくなった感じです。悲しい。

ドイツは担当者により対応が異なり、切り替えできる人が現れる

学生ビザからワーキングホリデービザへの切り替えはできない。

基本的にはコレです。

ところが、たまに現れるのが「いやいや、オレは学生ビザからワーキングホリデービザに切替できたよ!」という人です。

なぜ、そんな人がいるの?

ドイツでは外国人局の対応が、担当によって非常に左右されます。

ドイツは日本みたいにマニュアルに沿った対応をされるというより、担当者の判断に任せる部分が大きいです。

ビザが取得できるかは、担当者の気分次第。

そう言われても仕方ないくらい、ビザ申請を担当するスタッフのさじ加減に左右されてしまうところがあります。ほんとマジで。

なので、「学生ビザからワーキングホリデービザへの切り替えをしたいのね・・・いいよ。許可しましょう」という担当者も中にはいたりします。

また、各州・街ごとに決まりが異なるので、なかには特別に許可を出す例もあるようです。

ワーキングホリデービザは3ヶ月以上、最長で1年間のドイツ滞在を許可するビザです。

最長で1年ということは、語学学生ビザで半年滞在なら、理屈としては残り半年は取得できます。

なので、半年分のワーキングホリデービザの取得になる。といった例もあったりはします。

「ワーホリビザは1年のはずなのに、なぜか半年分しかビザがおりなかった」

という体験談もこのあたりの影響からかなとは思います。

ドイツでのビザ申請は、ホントに担当によってまちまち。

正直なところ、実際に外国人局まで申請してみないと、どうなるか分からない所も大きかったりはします。

ちなみに、かくいう私はドイツ・ベルリンでワーキングホリデービザを取得しました。

その時の模様は「ドイツでワーホリビザを取得する方法とビザ切り替えの注意点」でもご紹介しています。

ec66c73ea6bd8a2bd23853d4cc3c0b37 150x87 ドイツ学生ビザからワーキングホリデービザ(ワーホリ)の切替が不可能な理由
ドイツに留学に合わせてワーホリビザを取得したい! 現地でワーホリビザの切り替えを予定している! という人も多いはず。 ドイツは渡独してからでもビザの申請ができるので、まず

私の場合は「ビザなし滞在→ドイツでワーキングホリデービザ申請」という流れです。

よければ合わせて参考にしてみてください。申請はまさに死闘でした。

ワーキングホリデービザから語学学生ビザの切替は可能

学生ビザからの切り替えは不可能なのですが、ワーホリビザを取得して、続けて語学学生ビザへの切り替えは実は可能です。

それは大丈夫なの!?ウソでしょ!

というツッコミを入れたくもなるのですが、可能です。

ワーキングホリデービザが切れた、次は学生になるか。

というジョブチェンジは可能なのです。

なので、ドイツに長期で滞在したい人は、まずはワーキングホリデービザを取得、続いて学生ビザはたまた別のビザに切り替えるのも1つではありますね。

学生ビザに関しては「ドイツで語学学生ビザを取得するために必要な準備と申請方法は?」にて取得方法をまとめています。

studenvism 150x87 ドイツ学生ビザからワーキングホリデービザ(ワーホリ)の切替が不可能な理由
ドイツ留学にビザは必要なのか? 結論から言うと、90日以上ドイツに留学するなら、すべからくビザの申請が必要です。 ドイツでのビザ申請。言うなれば、それは外国人局との死闘。

よければ合わせて参考にしてみてください。

まとめ

ビザの切替に関して、まとめると以下の通りです。

これからドイツに留学する人は、要ご注意!

  • 【不可能】ドイツで学生ビザからワーキングホリデービザに変更
  • 【OK】ドイツで初めてワーキングホリデービザを申請
  • 【OK】ドイツでワーキングホリデービザから学生ビザに変更
  • 【OK】日本で初めてワーキングホリデービザ申請

厳しくなって来ているとはいえ、イギリスやフランスあたりと比べると、ドイツはまだまだビザ取得に優しい国です。

とはいえ、日本とドイツの関係だったり、ドイツにこれから行く日本人の対応だったり、いろんな影響を受けてビザ事情は変わってきます。

ワーホリビザはドイツで1回しか取得できないという制限があるので、いつ取得するかが悩みポイントですよね。

でも、長期でドイツに滞在するなら、取得できるうちにビザをゲットするのもよいかな。

なんて個人的には思っていたりもします。

さいごに、ワーキングホリデービザの最新情報は大使館の公式ホームページも必ず合わせて参考にしてみてくださいね。

ビザに関する分からないことは、まずは大使館にお問い合わせが最新状況もつかめて確実です。

これを書いている私も分からないことは大使館まで質問していますので。

ではでは。

フェイスブックページでは、ドイツドットウェブの最新情報をお届けしています。お気軽にフォローしてみて下さい。

合わせて読みたい記事

Related Article

germany-study-college

ドイツ大学進学の勉強はどこで?ドイツで正規留学するまでの流れ!

  「行動するなら、できるだけ若いうちがいいかな!」 ということで、気が付くと日本で就職して約1

ryugaku-huankaisho

ドイツ留学行きたいけど不安!学校や年齢、悩みと不安解消法!

  ドイツ留学してみたいけど・・・とりあえず不安。。。 住んだことない外国に行くわけだし、ドイツ

germany-round-study-visa

ドイツで2都市で留学!語学学生ビザは毎回申請が必要!

いろんな都市をめぐってドイツ留学もいいかも。初めは大聖堂のある街ケルンに行って、次はベルリンとか

euro-transfar

ドイツ留学に必要な高い海外送金手数料とは?

ドイツ留学について調べていると、どこかしらで出会うのが海外送金手数料なる存在。 手数料0円とい

youは何しにドイツへ

留学先にオススメ?ドイツが留学先に選ばれる理由は8つある

留学といえばやっぱりアメリカやイギリスといった英語圏、最近ではセブ島などのリゾート留学なんていう

よく読まれる人気記事

Recommend Article

この記事にコメント・口コミを書く!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ドイツ留学ワーホリまとめ
  • ベルリンに在住していました。ドイツ留学アドバイザーでありライターでありシステムエンジニアです。ハイデルベルクとベルリンにある語学学校の公式エージェントでもあります。猫とお家大好きイエメンで、現在はミュンヘン姉妹都市の札幌に滞在し、東京・ドイツ・札幌をめぐり仕事中。最近の趣味はFF7Rです!留学相談したいかもな方はお気軽に連絡ください。詳細なプロフィールは自己紹介にて。

ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツ観光 Travel

ドイツのおすすめ観光スポットなどドイツ旅行に役立つ記事はこちら

View More

ドイツ留学

ドイツ留学 Study

ドイツ留学の費用はいくら?家の借り方などドイツ留学に役立つ記事はこちら

View More

ベルリン大聖堂

ベルリン BERLIN

ベルリンのおすすめ観光スポットやおしゃれカフェ美味しいレストランはこちらから

View More

ハイデルベルク

ハイデルベルク HeidelBerg

南ドイツの観光都市ハイデルベルクに関する情報はこちらから

ドイツおもしろ

ドイツをおもしろく紹介

ドイツで混浴したりオクトーバーフェストに参加したり飲み明かしたりドイツ生活など

View More

ドイツ特集

ドイツ特集記事 Feature

ドイツに関するおすすめ記事の特集してまとめました

PAGE TOP