Menu

ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー

P3017215 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
西洋に旅行するからには西洋絵画を見たい。という方はすごく多いと思います。けれど絵画と聞いてフランスやイタリアを思い浮かべる人は多くとも、真っ先にドイツを浮かべる方は少ないのではないでしょうか。

たとえそうだとしても、ベルリンにだって美術館はあります。勿論です。ベルリンを流れるシュプレー川、その中洲に浮かぶ世界遺産、博物館島には旧ナショナルギャラリーという美術館があります。誰もが知ってる世界の名画こそ置いていないのですが、印象派を代表とする絵画が多く、その見応えは抜群です。

印象派が多い、ということは印象派について前知識を入れて行けばより楽しめること間違いなしです。

私は前知識を入れ忘れたので、後づけ知識で補完しましたw

SPONSORED LINK

旧ナショナルギャラリーへ行く

P2164345 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
博物館と美術館を数有するベルリンの芸術地帯こと博物館島

写真に写っている全ての建物が博物館 or 美術館

P2164342 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
こちらが旧ナショナルギャラリー。博物館島にある唯一の美術館。

シンケルという18世紀ドイツの著名建築家、その弟子たるシュトゥーラーが建築を行っています。

P3017150 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
結婚式? それともイメージ写真? どちらか分からないのですが、たまたま遭遇。

P3017195 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
一歩美術館に踏み込むと、そこには格式高い館内が! 思わず自分の服装を気にする私・・・

すっごいラフで、我ながらものスゴイ場違い感・・・

P3017198 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
とはいえ、周りの皆もすごいラフな格好だったので気にしない。

チケット確認のおばちゃんだって「楽しんで来てね」と微笑んでくれたし大丈夫。

P3017199 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
館内は部屋ごとに特徴を出している感じでした。ここはなんだか近代的な印象です。

P3017203 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
キュレーターが部屋の印象に合わせて絵を選んでいるのかなぁ? とぼんやりそんなことを考えてみたり。

P3017201 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
大きい絵画はその大きさもあって、圧倒的存在感です。

個人的に気になった絵画は・・・

見応えのある絵はもちろん山のようなのですが、気に入る作品数は人それぞれ。

私ごとで恐縮の極みなのですが、旧ナショナルギャラリー鑑賞中に気になった作品をいくつかご紹介したいと思います。

P3017204 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ「窓辺の婦人」

ロマン派に分類される19世紀ドイツの画家フリードリヒの作品です。

どこか哀愁ある女性の後ろ姿に思わず引き込まれました。外の明るい景色と対比させるように室内を暗く描いているのも情緒的だなと。

フリードリヒの作品は宗教的意味を含む風景画が多いそう。それと関係しているのか定かでないのですが、彼の作品に登場する人物は全て正面を見せていないそうです。

P3017217 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
アーノルド・ベックリン 「死の島」

19世紀スイスの画家アーノルド・ベックリンの代表作です。見ていて神秘的だなぁと見惚れた作品。タイトルをそのまま受け取ると怖い絵画なのかな? と感じるのですが、個人的にどこか美しい印象を受けました。

ベックリンは当時フランス印象派のムーブメントのさなか、想像上の世界を描き続けた画家で知られています。この題材に関しては何かに取り憑かれたかのよう描いてそうです。同テーマの作品が数作残っています。

P3017219 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
オーギュスト・ルノワール「ヴァルジュモンの子供たちの午後」

フランス印象派を代表する画家ルノアールの作品です。美術の教科書にも載っているので、説明いらずなほど名前は飛び抜けて有名な画家です。

絵画全体の印象は明るく、やさしい色使いは見ていて心が落ち着きます。たくさんの絵画のならぶ美術館でこういった優しい色合いの絵画に出会うと、ふっと心が安らぐ気がします。激しい題材の絵画も多いことですし・・・。

ちなみに印象派の絵画とは何か? 

ざっくりとした説明になるのですが、

発端は19世紀半ばにフランスで起こった芸術運動にあり、ものの形そのものではなく、光の動きや空気の震えといった、印象を重視した表現が見られる。絵画全体は明るく色彩に富み、主題が強調される一方で写実性は乏しいことが特徴に挙がる。

代表する画家
モネ、ルノワール、セザンヌ、他

といった感じです。

P3017221 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
ビクター・ミューラー「白雪姫」

19世紀ドイツの画家ミューラーの作品です。有名な白雪姫と7人の小人を題材にした作品。誰もが知っている白雪姫なのですが、見ていてどこか知らない白雪姫のような印象を受けました。

作者ビクター・ミューラー氏が気になって調べてみたのですが、あまりに情報が少なく、紹介できそうなものが見当たりませんでした。ただ、個人的にミューラー氏の絵画はちょっと苦手だったりします。私は見ていて気分が明るくなるような絵がめっぽう好みなので。

 


 

P3017211 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
美術館はとても広く、駆け足で回っても1時間は必要なほど。じっくり見て回るには2時間以上は欲しいところです。

入り口には小さめですがコインロッカーもあります。手荷物は預けてしまって、音声ガイド片手にのんびり鑑賞がオススメです。(日本語ガイドは私が行った時はありませんでした)

P3017226 1024x768 ベルリン観光で絵画を見るならここ!博物館島にある旧ナショナルギャラリー
「芸術は爆発」とは言うけれど、「一つでも自分の印象に残る作品に出会えたら、それは意味のあることよ」とも聞きます。私は名画を見るとつい「有名な絵画キター!」と名画ブランドにやられてしまいがちなので(これって私だけ?)名画とは別に、印象に残る絵画を探しては、頭を空っぽにして眺めています。

「あの時行った美術館であの絵を見た」ある程度の時間が経った後に、そうやって思い出せる作品は意外と多くはないと思います。印象に残る作品は何か自分にとって意味があり、何かしら訴えかけているのかもしれない、そんなことを思ってみたり。

ベルリンで絵画も見たい!という方は旧ナショナルギャラリーも参考にしてみて下さい。

 

Old National Gallery
Bodestraße 1-3
10178 Berlin
火 – 日 10:00 – 18:00
木のみ -20:00
月 休み

フェイスブックページでは、ドイツドットウェブの最新情報をお届けしています。お気軽にフォローしてみて下さい。

合わせて読みたい記事

Related Article

CarmenBerlin

ベルリンのおすすめ観光スポット23カ所をたった1日で効率よく回れるのか?

Photo by Carmen Eisbär ドイツの中でも人気観光地とは呼び難い首都ベルリンで

P6225602.JPG

大人の男香るベルリンのカフェ・バーに行ったらマスターがベルリン観光のコツを語ってくれた。

東のチャラ男。 西のメガネ男子。 北はオシャレで、 南は・・・ ふつう。 地区によって

Straße

実は安くないドイツの学生寮、部屋の綺麗さは運しだい?

語学留学する上で重要かつ悩みどころなのが滞在先をどうするかということ。 語学学習に最適なホーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

公園になったベルリンのテンペルホーフ空港がとにかく広すぎる!

とにかく広大として知られるドイツの公園。 なかでも有名なのが市民に公園として開放されているベルリ

Paris3_Moyan-Brenn.jpg

エッフェル塔にはテレビ塔!7つのパリ魅力をベルリンに変換すると…

世界が認めそして憧れる街。死ぬまでに一度は行ってみたい花の都パリ。 訪れる外国人観光客は年間8

よく読まれる人気記事

Recommend Article

この記事にコメント・口コミを書く!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • ベルリンに在住していました。ドイツ留学のアドバイザーでありライターでありシステムエンジニアでもあります。ハイデルベルクとベルリンにある語学学校の公式エージェントにもなりました。猫とお家大好きイエメンで、現在は東京に滞在中。最近はFF15をプレイ中です。留学相談したいかもという方はお気軽に連絡ください。詳細なプロフィールは自己紹介にて。

ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツ観光 Travel

ドイツのおすすめ観光スポットなどドイツ旅行に役立つ記事はこちら

View More

ドイツ留学

ドイツ留学 Study

ドイツ留学の費用はいくら?家の借り方などドイツ留学に役立つ記事はこちら

View More

ベルリン大聖堂

ベルリン BERLIN

ベルリンのおすすめ観光スポットやおしゃれカフェ美味しいレストランはこちらから

View More

ハイデルベルク

ハイデルベルク HeidelBerg

南ドイツの観光都市ハイデルベルクに関する情報はこちらから

ドイツおもしろ

ドイツをおもしろく紹介

ドイツで混浴したりオクトーバーフェストに参加したり飲み明かしたりドイツ生活など

View More

ドイツ特集

ドイツ特集記事 Feature

ドイツに関するおすすめ記事の特集してまとめました

PAGE TOP