Menu

ドイツ留学は1週間の超短期でも可能?短期留学で得られるものは?

1weekstartgermanystudy ドイツ留学は1週間の超短期でも可能?短期留学で得られるものは? 

できるならドイツに留学またはワーホリしたい!

でも、ワケあって長期ので留学はムリ。でも、旅行じゃなくてすっごい短くてもいいから生活してみたい。

ホームステイでドイツ家庭の文化を知るとか、語学学校でいろんな国の人とおしゃべりして、英語やドイツ語を勉強したい。

でもさ、1週間だけ留学するってどうなの?ありなの?

と思っている人も・・・いるのかな?と思います。

結果から言うと、もちろん大丈夫です。

ドイツの語学学校に1週間から留学することも可能で、ホームステイに1週間だけ滞在することもできます!

そこで気になる1週間でできること。

いったいドイツでどんなことができるのか?

この1週間がものすごく長く感じる

まだ1週間しか経ってないの?

ウソでしょ・・・ホントに?

ドイツに留学して最初の1週間は生活にも慣れないし、言葉にも慣れない、友達との会話にも慣れない、そして目に入ってくる全てのものが新鮮!

ということもあって、1日1日がものスゴイ長く感じたのが私だったりします。

それこそ、言い過ぎでしょと感じるかもですが、1週間がまるで1ヶ月のように長く感じました。

授業にしたって、ドイツ語で繰り広げられる語学学校の授業は90分が永遠のように長く感じてみたり。

なかでも長く感じたのが、ホームステイ先のパパのうんちく。

面白い話なんだろうけど、悲しいかな留学したての私に理解できるのはほんの少しがいいとこで、すさまじく長い講義のように感じていました。長いんです。とにかく。そして自慢のうんちくを自慢げに語るパパはとにかく嬉しそうであった。

ちなみにですが、科学的には人って新しいことをやると時間が長く感じるんですよね。

ほら、小学生の6年間ってものすごく長く感じませんでした?

あれって毎日が新しくて新鮮なこと尽くしだからなんですよ。

かたや大人になってからの1年はというと爆速ですよ。

「あれ、もう1年経つっけ?早いね〜」

なんてセリフを今年も言ってはいないでしょうか?

そんなワケで、新しいこと尽くしのドイツでは1週間の時間の流れが人によってはとにかく遅く感じます。

遅く感じるということは、それだけ多くのことに触れているということで、知りたいことや吸収したいことに長く触れているということにもなります。

実際に2週間だけ留学していた友達がいたのですが、すごく濃い2週間だったと語っていました。

そして、何年経ってもあのドイツでの2週間は忘れないって。

1週間の短期留学でもやることは同じ

1週間でも1ヶ月でも学校でやることは同じです。そりゃあそうですよね。

平日はもちろん学校がメインの活動範囲です。

ホームステイ先または学生寮から学校に通って、ドイツ語なり英語の授業に出席して言葉の勉強にはげみます。

語学学校での授業は午前中のドイツ語だけにしておけば、午後の時間は何をしたって自由です。

授業が終われば友達とおしゃべりするもよし、ランチに出かけるもよし。

ちょっと遠出してみるのも、宿題を頑張るのも時間は自由に使うことができます。

そんな平日の流れは、1週間の留学でも1ヶ月の留学でも半年でも大きく変わることはありません。

期間が長くなるほど、勉強する内容が難しくなったり、友達と一緒にいる時間が増えて仲良よくなる機会が多かったり、時間が長くなればなるほど、留学はより密度の濃いものになっていきます。

時間がないからこそ1日を大事に使う

ドイツ留学やワーホリでドイツに滞在していると、ふと思う時があります。

「頑張るのは明日でもいいかなぁ」

「オレの本気は明日から。明日から本気だすか」

なんて。

このセリフが出るのは、きっとドイツ生活に慣れてきている証拠。

とは思うのですが、いや待てしばし。

なんだかもったいないですよね。

だって留学なりワーホリでドイツに滞在できる期間は限られているワケですよ。

でも、明日も明後日も、なんなら3ヶ月後までドイツに住んでいるから。

という状況になると、まぁ1日くらいダラダラしたくもなります。

毎日全力で走るのもできなくて、1日のんびりとした時間を取ることもそりゃあスゴク重要です。

私も1週間くらいただただビールに明け暮れた日々がありましたし。ドイツでふいに訪れたビール的ニート生活です。あれは夢のようでした。そして1日が終わるごとに「ああ、なんてムダな1日を過ごしてしまったのか。私よ反省せよ」と猛反省してお布団へ、朝にはそのことを露と忘れておられた。

だがしかし、1週間という限られた時間しかないとしたら?

これはもう、やりたいことは全部やっちゃうんじゃないでしょうか!

行きたい場所には是が非でも行くんじゃないでしょうか?

時間が少ないということは、確かにデメリットでもあるのですが、場合によっては「短いからこそ頑張ろう!」というモチベーンにも繋がります。

実際にベルリンに2週間ほど留学していた方は、時間がもったいないってことで、毎日のように博物館島の美術館に入り浸り、アートな日々を送っていました。

とはいえ1週間は短い

1週間でも大丈夫さ!行こう!

といった感じで書いてきましたが、とはいえ、やっぱ1週間は短いです。超短期留学です。

楽しいことほど時間がすぎるのが早く感じる!

という人ならば、もしかすると一瞬に感じるかもしれません。

せめて2週間あれば・・・と個人的には思います。

ドイツにやっと到着して、最初の1週間は人によっては生活に慣れるだけでも必死になることしばしば。あんまり余裕がないんですよね。

ただ、2週目にもなると少し余裕が出てきます。

1週目でドイツの語学学校に通う生活をなんとなく掴むことができるので、2週目は思っているよりも有意義に使うことができるんですよね。

それに1週間だと仲良くなるのは難しいですが、2週間なら友達もよりできやすくなります。

私の場合、2週間しかいなかった日本人の学生がいたのですが、とても仲良くなって今でも連絡を取って会ったりする仲です。

たった2週間でしかもクラスが同じだったわけでもないのに、同じ苦楽を共にしたからなのか仲良くなった不思議です。

なかには、おい日本人かい・・・と思う人もいるかもですが、日本でたった2週間でそこまで仲良くなるってまぁまずないです。年を取ればなおのこと。

 

もちろん、会うたびに「あれ?2週間しかいなかったけ?」という話になります。

迷って行かないより行った方がいい

本当は1ヶ月行きたかったけど、いろんな事情があって1週間しか行くことができない。

それでも、悩んでいるなら、個人的には行かないよりは行った方がいいかなと思っています。

行きたい想いがあるということは、勉強したり知りたいことがあるということなので、実際に自分の目で見て感じることは大きな経験になるはずです。

逆に我慢してしまうと、ずっと先になって後悔するかもしれません。

留学しておけばよかった。と歳を取ってから言う方、じつは少なくはありません。

とはいえ、留学はお金も必要になるので、お財布と相談しながら自分に合った滞在期間を見つけてもらえたらと思います。

ちなみに、現地に行ってから語学学校の在学期間を伸ばすことができるので、とりあえず短めに入学手続きをして、もっといたくなったら現地で延長するというのもアリです。

飛行機のチケットは片道分だけ用意することもできますしね。

ではでは。

フェイスブックページでは、ドイツドットウェブの最新情報をお届けしています。お気軽にフォローしてみて下さい。

合わせて読みたい記事

Related Article

deutsche_press.jpg

2017年のドイツは絶景推し!ドイツ政府観光局プレスイベントに潜入してきた!

「2017年のドイツは宗教改革ルター特集でいきますかね!」 「いやいや、今年のドイツは絶景でし

study_m00by.jpg

3分で分かるベルリン留学生活の1日!20代後半の留学生活とは。

こんにちは。ドイツ留学を経験した者です。 さて、皆様は海外留学に憧れをお持ちでしょうか? 学

yamamotochan

ドイツにバリスタとして移住!ワーホリから3年目に突入した結果!

  ヤバい! 英語もドイツ語も喋れない!   けど、ドイツに移住してバリスタとして

level

ドイツ語の授業が難しい!と感じたら語学学校のレベルを下げべき理由

頑張って留学したはいいけど、授業のレベルが高すぎるッ! まさか、ここまで授業に付いて行けないと

Straße

実は安くないドイツの学生寮、部屋の綺麗さは運しだい?

語学留学する上で重要かつ悩みどころなのが滞在先をどうするかということ。 語学学習に最適なホーム

よく読まれる人気記事

Recommend Article

この記事にコメント・口コミを書く!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ドイツ留学ワーホリまとめ
  • ベルリンに在住していました。ドイツ留学アドバイザーでありライターでありシステムエンジニアです。ハイデルベルクとベルリンにある語学学校の公式エージェントでもあります。猫とお家大好きイエメンで、現在はミュンヘン姉妹都市の札幌に滞在し、東京・ドイツ・札幌をめぐり仕事中。ペルソナ4をプレイするか迷い中です。留学相談したいかもという方はお気軽に連絡ください。詳細なプロフィールは自己紹介にて。

ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツ観光 Travel

ドイツのおすすめ観光スポットなどドイツ旅行に役立つ記事はこちら

View More

ドイツ留学

ドイツ留学 Study

ドイツ留学の費用はいくら?家の借り方などドイツ留学に役立つ記事はこちら

View More

ベルリン大聖堂

ベルリン BERLIN

ベルリンのおすすめ観光スポットやおしゃれカフェ美味しいレストランはこちらから

View More

ハイデルベルク

ハイデルベルク HeidelBerg

南ドイツの観光都市ハイデルベルクに関する情報はこちらから

ドイツおもしろ

ドイツをおもしろく紹介

ドイツで混浴したりオクトーバーフェストに参加したり飲み明かしたりドイツ生活など

View More

ドイツ特集

ドイツ特集記事 Feature

ドイツに関するおすすめ記事の特集してまとめました

PAGE TOP