Menu

ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

1birthday Manuel Ressel ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

当ブログが開設から1年が立ちました。なんとまあ気がつけば1周年です!いつもご覧頂きありがとうございます。

よくもまあ1年も続いたと少しばかり感心してしまう私なのですが、それもこれも読んで下さる読者の皆様あってのことです。

開設当初は誰も見ていなかったこのブログ。最近は嬉しいことに読んでくれる方も増えてきました。記事の数も開設当初に掲げた目標100を突破し、良記事もあれば、ちょっと手抜きと疑われる記事もあり、なかにはもっと上手く書けたなぁ、と記事にも色々ありけりですが、それでも続けては来たのだなとしみじみです。

そんなこんな1年を迎えたので、今回はこのブログの1年を振り返ってブログの読者数やこのブログの人気記事、ブログをはじめて変わった身の回りの事や今後の行く末など、ブログにまつわるあれこれを書いてみようかと思います。
TopPhoto by Manuel Ressel

SPONSORED LINK

開設のきっかけはドイツの生活に困ったから

confuse David Goehring ドイツドットウェブが1周年を迎えました!
Photo by David Goehring

言葉はもちろん電車の乗り方や家の借り方、チップって必要なの?など、いやはや、身の回りの全てが分からない。ホームステイ先のお父さんの名前すら聞き取れない。こんな状態でホームステイ先を飛び出して大丈夫だろうかほんと。とりあえず、家を自力で借りるなんて到底ムリさ。それだけは分かる。そんなだった私。

本来なら勉強に励み、身に付けたドイツ語を駆使して現地の情報をさくさく収集するのがよし。それがあるべき留学の姿かとも思います。きっとそれがいいのです。困難は乗り越える為にやってくるとも言います。ですが、私はグーグルと向き合い、画面の向こうにある膨大な数のめくるめくドイツの情報を読み解いておりました。先人に習えとばかりにかつてドイツに留学したであろう誰かのブログ読みふけっていたのです。

語学の勉強を踏まえて調べ物に時間をかけるなら、ぱっと調べてもっと他のことに時間を使いたい。というのが私の正直な意見です。ですが、ブログから情報を集めるのはよいのですが、これが思った以上に欲しい情報が見つからない。

もちろん有益な情報も見つかるのですが、何か欠けている、そこもう少し掘り下げて欲しい、曖昧にぼかしてある、他の情報と差異がある、などなど。

情報の共有を主な目的としてドイツブログを書いていない方も多いので、それは仕方のないことなのですが、せっかく書くならもうちょっと教えてよーと思ってみたり。

ないなら、ないで仕方ありません。それこそもう自分で情報を集めるしかありません。時が来た。それだけです。

もしかすると誰か同じように苦労している方がいるかもしれない。そんな方がいるなら、ちょっとでも力になれればいいな。なんてことも思ったので、集めた情報をブログとして書いていくことにしました。

ちょうどドイツで出会った方に「君、ほんと何もしらないね(笑)」と失笑されたりもしていて、このまま笑われっぱなしではいられない!という悔しさと、詳しくなってやろうじゃないの!という意気込みもその背景にあったり。

 

アクセス数が1年で100倍に!?

100 ドイツドットウェブが1周年を迎えました!
Photo by Josh Liba

なんとこの1年でブログへのアクセスが100倍になりました!

本当ですよ。嘘じゃありません。

それこそブログを始めた数ヶ月は1日のアクセス数が1桁でした。

訪問者1名が続く日々。

ブログの設定から自分のアカウントを除くとこれが0人になるのか、なんて思う日々。

誰も見てないブログを書き続けて何になるのだろうか。

「努力した結果何があるんか」とミスターSASUKEこと山田勝己さんがその昔仰っていたけれど、ほんと何があるんか。

それでも、誰かが言っていました。「ブログは100記事超えてからが本番。そこにたどり着くと、ブログは嘘みたいに爆発する」

本当かよ、と疑う私がいる反面、もしそうなら頑張ってみようかな、などと淡い期待も寄せつつブログを続けていると、それなりに反響を頂くようになりました。

ブログを通じて連絡をくれる方も現れ始め、なかにはブログ見ました!ベルリンで会いましょうよ!と声をかけて下さる方も現れ始めました。これは本当に嬉しい限りです。反応してくれる方がいるんだ!と感動したことも久しからずや。ありがとうございます。

ブログを通じて留学相談を頂くことや、ブログを紹介してくれる方もいらっしゃって、多くの方とも知り合いになるきっかけにもなりました。ブログを通じて交流が増えていくのは本当にありがたいこと。ブログを初めて大きく変わったのは出会いの数が増えたということです。やっぱり読者あってのブログなのだと、あらためて感じています。感謝、感謝です。

努力した結果何があるんか、できるならその先に誰か助かる人や良い出会いなどがあればと思う限りです。(なんだかんだ好きで続けているので、努力してブログを書いているという意識はないですが)

 

このブログの人気記事

ブログ開設当初はどの記事も似たり寄ったりだったのですが、その数が増えるにつれて多くの方に読まれている人気記事が出てきました。そんな1年間でよく読まれた記事を発表したいと思います。

 

第五位

ベルリンからチェコ(プラハ)へ移動する方法はどれがベスト?

P8284580 546x409 ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

ベルリンからチェコ(プラハ)への移動方法をまとめたこちらの記事。やはりベルリン観光と合わせてチェコを観光を考える方は多いのでしょうか。電車とバスどちらを使うってプラハへ行くのがオススメかということをまとめています。

 

第四位

ベルリンのおすすめ観光スポット23カ所をたった1日で効率よく回れるのか?

CarmenBerlin 546x364 ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

ベルリンで暮らしていたこともあり、ブログに書くことはどうしてもベルリンに関することが多いのですが、なかでもベルリン観光地をまとめたこちらの記事が人気のようです。

これと抱き合わせで書いた「おすすめできないベルリン観光プラン?ヨーロッパ初心者の友達にたった1日でベルリンの観光地23ヶ所を回らせてみた」はまるで人気がありません。やはり良かれと思って登場させた友人がよくなかったのだと反省です。

 

第三位

ベルリンでアパートまたは部屋を探す方法

P6306207 546x409 ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

初期に書いたベルリンでの家の借り方まとめ。ベルリン留学や移住を考えている方も多いのでしょうか、定期的に読まれています。家を借りるうえで注意しておきたい点や必要な情報はひと通り盛り込めているはずなので、広く読まれているのは嬉しい限りです。

 

第二位

冬を楽しめると話題の8つの人気クリスマスマーケットをチェック!

dresden xmas 546x337 ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

ドイツといえば世界に誇るクリスマスマーケットです。冬のドイツを訪れるなら是非とも行きたいクリスマスマーケットをまとめたこちらが2番人気でした。ドイツのクリスマスマーケットはどこに行くべき?迷ったら三大クリスマスマーケットのどれかをチェックです。

 

第一位

ドイツの美女たちと混浴!?男二人でベルリンの混浴温泉に行ってみた

IMG 1411 546x407 ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

ぶっちぎりです。他の記事の追随を許さない人気を誇っています。

ドイツの温泉(サウナ)はもっぱら男女混浴でみんな真っ裸が基本なのですが、その実態を気にする方も多いのでしょうか。たくさんの人に読んでもらえて嬉しいのですが、この記事だけ読み、ではサラバ!とブログを去る方も多いので、なんだか少し複雑な気持ちもあったり。

ベルリンの混浴温泉とは別に、実はとあるドイツの温泉施設に行ったことのある私です。そこにはベルリンの混浴サウナを遥かに凌駕する衝撃があったので、近々アップできればとも思います。乞うご期待下されば嬉しいです。

 

いつまで続くのか・・・

正直なところ、勘の良い方はとっくにご察しの通り、ネタ切れしたらどうしよう、という状況です。

実際のところ今はドイツに滞在していませんし、次ドイツに行けるのも何時になるのかは分かりません。残念なのがリアルなドイツを紹介できないということです。こればかりは心苦しい限りです。

それでも心意気はめざせ2周年ブログ。まだ書けていないこと、書き足りないこと、紹介したい場所はまだまだあります。なので、ネタ切れしたらどうしよう・・・はもうちょっと先のお話です。

もしネタ切れしたら、したで、その時に次の施策を練ろうかと思います。

いちおうですが、次のステップは考えているので、もしもネタ切れしたならば、その時はまた新しい形でお目見えできるのではと思います。お楽しみにしていて下さい。

こう言うと、ブログが終わってしまうみたいですね。

ちょっと複雑です。

 

さいごに。

P3219833 546x409 ドイツドットウェブが1周年を迎えました!

祝1周年ブログを最後まで読んで下さりありがとうございます。

いつもご愛読いただき、ほんとうに感謝、感謝、感謝でございます。

少しでも役立ち、少しでも暇つぶしになり、あるいはドイツに興味がない方もちょっとはドイツに興味が湧いてくる、そんなブログになっていれば、ほんと嬉しい限りです。

短時間で読める。気軽に読める。ちょっとは面白い。

この3本柱を主軸に少しでも良い読み物、役立つ読み物をめざせるよう今後ともあれこれ試行錯誤しながら頑張っていこうと思います。

よろしければ今後とも時間のある時にでも覗いて下されば嬉しい限りです。

祝2周年はプレゼント企画とかやりたいな、とも思いつつ。

それにはもうちょっと読者が増えていないと成り立たないかな、とも思いつつ。

それではまた次のブログの更新で。

Bis Bald!





過去に紹介したお店やベルリン情報はカテゴリー別にまとめています。

フェイスブックページでは、ドイツドットウェブの最新情報をお届けしています。お気軽にフォローしてみて下さい。

合わせて読みたい記事

Related Article

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

W杯ドイツ・アメリカ戦をベルリンのパブリックビューイングで観戦したらどうなるか?

残念ながら日本はグループリーグ敗退となってしまった2014年ブラジルW杯ですが、サッカー大国ドイ

rosia

学校のロシア系美人教師に質問してみた。ドイツ人が外でもラブラブな理由って何?

生活スタイルであったり、仕事に関する姿勢であったり、生活感や価値観など、ドイツで感じる文化の

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海外で働く先輩を尋ねたらイギリスのチャッツワースハウスを観光することになった

大学の先輩が住んでいるということで、行ってみることにしたイギリスのダービー舎 そのお話もウダウ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界から見ると日本は寿司? そしてベルリンの寿司とは?

「日本人は週にどれくらい寿司を食べる?」 「日本人は週に2日は寿司を食べるって本当?」

berlinale_Maharepa.jpg

ベルリン国際映画祭に行く前に確認しておくべき13の注意点

今年で第65回を数えるドイツの映画の祭典ベルリン国際映画祭。最高賞にあたる金熊賞が選出されるコン

よく読まれる人気記事

Recommend Article

この記事にコメント・口コミを書く!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • ベルリンに在住していました。ドイツ留学のアドバイザーでありライターでありシステムエンジニアでもあります。ハイデルベルクとベルリンにある語学学校の公式エージェントにもなりました。猫とお家大好きイエメンで、現在は東京に滞在中。最近はFF15をプレイ中です。留学相談したいかもという方はお気軽に連絡ください。詳細なプロフィールは自己紹介にて。

ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツ観光 Travel

ドイツのおすすめ観光スポットなどドイツ旅行に役立つ記事はこちら

View More

ドイツ留学

ドイツ留学 Study

ドイツ留学の費用はいくら?家の借り方などドイツ留学に役立つ記事はこちら

View More

ベルリン大聖堂

ベルリン BERLIN

ベルリンのおすすめ観光スポットやおしゃれカフェ美味しいレストランはこちらから

View More

ハイデルベルク

ハイデルベルク HeidelBerg

南ドイツの観光都市ハイデルベルクに関する情報はこちらから

ドイツおもしろ

ドイツをおもしろく紹介

ドイツで混浴したりオクトーバーフェストに参加したり飲み明かしたりドイツ生活など

View More

ドイツ特集

ドイツ特集記事 Feature

ドイツに関するおすすめ記事の特集してまとめました

PAGE TOP